防災キャンプワークショップ 

防災に焦点を絞ったキャンプ

防災ワークショップを行うキャンプです。参加者みずからが「思考力」と「試行力」を発揮しながら、いざという時に役立てられるサバイバルテクニックや、セルフレスキューの基本スキルを学び、身につけます。Missionは「自分の身(命)は自分で守る」

家がない…さぁ、どうする?

地震は忘れた頃にやってくる…。被害に遭ってから慌てても遅すぎる。いざという時のためには、誰もが知っておくことが必要です。そして一番大事なのが「行動できること」。人を頼らずとも、自分自身で判断して行動できるために習得しておきましょう

火おこしできるリーダーになる

お父さん、お母さん。子どもたちを守ることができますか?防災に取り組んでいるリーダーや防災時に指導的立場にある方!本当に地域の方を助けることができますか?アウトドアテクニックを応用したスキルを覚えておくことで、自分自身の安心にもつながります。

足をケガしたら…どうする?
基本的なロープワークを覚える
包帯にも巻き方があるのです
火おこしから始めます
どうやったらおいしく食べられる?
三角巾の巻き方を覚えよう
大人だって協力して運べるぞ
新聞取材も受けました

火おこしやロープ結び体験 親子ら防災スキル学ぶ

静岡新聞 2017.12.16 西伊豆町のNPO法人伊豆自然学校はこのほど、災害時に役立つアウトドア技術を学ぶワークショップ「防災キャンプ」を同町の堂ヶ島ビジターセンターで開いた。8の字結びや巻き結びなど簡単でほどけにくいリープの結び方を身につけた。

初の防災スキル講座開始 西伊豆の伊豆自然学校

伊豆新聞電子版 2017.1.10 西伊豆町のNPO法人伊豆自然学校は、新たな試みとして防災のプロから学ぶ「現場で絶対に役立つ防災スキル」講座をスタートした。講師をスタッフの一人で本航空自衛隊救難隊の金子則雄さんが務める。

マッチ1本から火おこし、サバイバル術プロから習得

伊豆新聞 2017.1.10 自分の身(命)は自分で守るをミッションに掲げ、分かりやすいワークショップ形式で親子らが基本的なサバイバル術の習得に取り組んでいる。登山やキャンプなどのアウトドア・テクニックを応用。火おこしからケガの応急処置まで学んだ。

私たちがご案内します

きんちゃん
金子 則雄 Norio Kaneko


 1958年北海道宗谷岬産まれの道産子。航空自衛隊を定年退職後、西伊豆松崎町に移住。自衛隊では数多くの災害現場に派遣され「救難最後の砦」と呼ばれる航空救難団で30年活躍。究極のサバイバルもお手のもの!あらゆる所に潜入可能、現代の忍者です(^o^)趣味は断食!深海ダイビング。まさにディープな世界にハマっています。伊豆のジオサイトをシーカヤックで巡る、ゆる〜い休日も楽しんでいます… 防災ワークショップは、日常生活でのより実践的な体験を目指して開催しています。救助現場や危機一髪!の裏話もどんどんリクエストしてくださいね。
鈴木達志 Tatsushi Suzuki

たっちゃん
鈴木 達志 Tatsushi Suzuki


NHK教育テレビ「趣味悠々”中高年のためのアウトドア入門”」で生徒役に佐々木健介さん、北斗晶さんを迎え評判を呼んだ番組で、講師を務めました。また、会社員として中近東クウェート駐在勤務時代、1990年イラクによるクウェート侵攻が勃発。イラク国内に強制連行され4ヶ月間捕虜人質生活を過ごしました。その経験を基に「野外活動において自分の命をいかに守るのかリスクマネジメントの重要性と具体的なノウハウを伝えたい」との想いでFOPアウトドアスクールを主宰。さらに、安全対策の重要性を広く認識してもらうための講演活動で全国を回り、インストラクターからガイドまで幅広い指導者を対象に安全指導、安全管理の心構えを伝えています。

やまちゃん
山下 幸永 Kouei Yamashita


山下幸永です!タープをたてさせたら日本一!3連結タープもスイスイお手のもの(^o^) 近頃は炭火で焼くバームクーヘンづくりにはまっています。いまでも(いつまでも)野生児…火いじり大好き、火つけ達人です。頭は白いがハートは熱い!ノルディックウォーキングノルディックウォーキング公認インストラクター、グリーン・ツーリズムインストラクター、伊豆半島公認ジオガイドです。

 

開催日・コース

[ ファースト・ステージ Mission001 ] 2016年12月11日(日)

[ セカンド・ステージ Mission002 ]  2017年1月29日(日)

10:00〜15:30 (09:30〜受付)

※連続ではなくても構いません

※最少催行人員:5名

 
 開催場所

堂ヶ島ビジターセンター(静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2097-1)

 

対象者

防災に取り組んでいる(取り組もうとしている)地域防災リーダーおよび一般個人

防災時に指導的立場にある方

サバイバル(災害時)キャンプに関心のある方

いざという時に役立つアウトドアスキルを高めたい方

災害時に備えた防災意識を高めたい方

 

体験料金

【西伊豆町・松崎町内在住者】500円

(一般)家族:3,999円[サンキュー!救急]

(一般)個人:1,599円[行こう!救急](小学生以上から参加できます)

※指導技術料、昼食材料費、保険、全レンタル料金を含む

  

ご予約の手順(ご入金について)

1.ご希望の開催日時、お名前等を、"WEBフォーム" "メール" "FAXフォーム" "お電話" 等で予約してください

2.ご希望日程が受入可能かを確認後、弊社担当者よりメールもしくは電話にてご連絡をさせていただきます

3.体験当日に受付にてお支払いください

 

集合解散場所

西伊豆町「堂ヶ島ビジターセンター(ピアドーム天窓)」

◎集合時間:09:30〜受付開始

○ナビ検索:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2097-1

◎解散は15:30です

【アクセスルート】

東名沼津IC/新東名長泉沼津ICを降り伊豆縦貫道にのり終点を直進すると

伊豆中央道(200円+200円)に入ります。終点を西伊豆方面へ左折して

国道136号線「出口交差点」を西伊豆土肥温泉方面へ右折すれば船原峠を越えて土肥へ。堂ヶ島まではシーサイドドライブとなります

・ICから西伊豆町までは約70km、約1時間

 ・土肥からは約30分くらいです

※到着時間には余裕を持って早めの行動をお願いします 

 

お持ちもの

○Mission001で必要なもの

・動きやすいスタイル

軍手

・家庭で備蓄している防災食品(レトルト食品など)

○Mission002で必要なもの

・ご家庭で用意している非常時持ち出し袋(グッズ)

・家庭で備蓄している防災食品(レトルト食品など)

・汚れても良い服装

 

ご注意事項(必ずお読みください)

・集合時間に間に合わない場合は必ずご連絡ください(0558-52-2521)

雨天や荒天に関係なく必ず開催します

・服装は動きやすく汚れを気にしないものをご用意ください

 

キャンセルポリシー

お客様のご都合でのキャンセルは、開催日の前日から100%発生いたします。ご了承の上お申し込み下さい

14日前から3日前まで 20%

前々日 50%

前日以降 100%

ページトップへページトップへ

2016年12月11日(日) Mission001 Schedule

09:30〜堂ヶ島ビジターセンター集合受付開始

専用駐車場(海辺のかくれ湯清流第2駐車場)に駐車してお越しください

 

10:00〜 オリエンテーション

○スケジュール説明

○参加のみなさん一言自己紹介

 

10:15〜 ■Mission ロープワーク(実践的な紐の結び方と利用方法)

○しっかりと固定するための基本的な結び方を覚えよう

○こんな場面でどんなロープワークができるかな?

 

11:30〜 ■Mission 火おこしと炊飯(身近なものを使ってご飯を炊こう)

○マッチ1本で火をおこすテクニックを覚えよう

○目からウロコのビックリご飯炊き(ジプロックを使う、空き缶を使う応用技を伝授)

○みんなで工夫して集団調理でアレンジしてクッキング

★食材は防災食品をお持ちください(期限切れ近いものから消費、今回補充しておきましょう)

 

13:30〜 ■Mission ベーシック・ファーストエイド

○ケガした人を救助するために必要なことは何だろう?

○必ず覚えておきたいファーストエイド(応急処置、止血法、ネンザ・骨折の処置はどうするの)

○ケガした人を運ぶためには(せおって運ぶ方法、簡単な担架を作って運ぶ方法)

 

15:30 現地解散

 

2017年1月29日(日) Mission002 Schedule

09:30〜堂ヶ島ビジターセンター集合受付開始

専用駐車場(海辺のかくれ湯清流第2駐車場)に駐車してお越しください

 

10:00〜 オリエンテーション

○スケジュール説明

○参加のみなさん一言自己紹介

 

10:15〜 ■Mission 非常用袋の中身をチェック

○使い方を覚えよう

○足りないものはないかな

  

11:30〜 ■Mission 避難所で役立つ段ボールハウスと簡易トイレを作

○基本形は?家族の人数に合わせて考えてみよう

○快適に過ごす小技を考えてみよう

 

昼食は防災品で「食材は防災食品をお持ちください(期限切れ近いものから消費、今回補充しておきましょう)」

 

14:00〜 ■Mission 命を助けるために

○必ず覚えておきたいCPR(心配蘇生術)

○AEDの使い方をマスターしよう

 

15:30 現地解散
ページトップへページトップへ